2234966
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

Военная аналитика 投稿者:Robertgennick 投稿日:2021/01/26(Tue) 04:44 No.13298   
Только проверянная информация от лучших аналитиков mca.life

久々の休日...。 投稿者:ケンケン 投稿日:2021/01/23(Sat) 23:29 No.13297   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

またまた、ご無沙汰してしまいました。

年明けのお正月は3日間、休日で、寒さに震えて(?)一歩も外出しませんでしたが、それから今日まで、休みナシの働き詰め(!!!)でした。

また、当面、3月末まで休みナシの日が続きそうですが、そろそろ、来月からは約100ペアーのペアリング、そして3月からは産卵セットして、4月中には初令幼虫の取り出し、新成虫の割り出しと、思っただけでゾッとする予定が満載です。

でも、ムシの世話をしているために、心が和み、仕事への活力が湧いてきます。

今年は、残念ながら、天然ミヤマは年越ししなくて非常に残念でしたが、幸いにして幼虫が衣装ケースのマットの中で多数、動いているのが観察でき、個別にクリアボトルに入れ替えるのが楽しみです。

スジブトはMGエノキに入れる予定ですが、アマノコはミニケースに個別に入れて、クヌギの良質のホダ木の中で財飼育させる予定です。

並行して、70mmの実績はあるMGエノキにも入れて生育を見てみたいです。

ニジイロの幼虫の生育はMGエノキで順調に進んでいます。

幼虫体重でおよその♂♀の判別はできるのですが、♂は、どのくらいの体重で何ミリの成虫がうかしてくるのか、皆目、見当が付きませんが、20〜25gの幼虫が少なからずいますので、まずは65mmを視野に入れて飼育したいと思っています。

タネ親は全て紫紺ですが、♂64mmと61mmですので、そこそこ期待できるかもしれません。

その上、MGエノキは、元はといえば、京田辺の虹色ペットハウス様が、ニジイロ用に開発された菌糸ビンがオリジナルですので、ギネスが狙えるかもしれません。

さて、今年の飼育は、昨年もそうでしたが、親虫の入手より、産卵木の入手が大変でしたが、何とか菌糸材50袋と、良質の産卵木100本を入手できそうなので、まずはホッとしています。

やはり、全国的に良質の産卵木が不足しているようですネ。

私も昨年より、菌糸ビン産卵のトライアンドエラー、開発を始めたくらいですから…。

日本人のことですから、きっと、誰かが素晴らしい産卵アイテムを開発することでしょう。

初めの一歩は、非常に重要ですから。

勿論、私も菌糸ビンの開発以上の情熱をもって、産卵アイテムを開発中です。

どうしても、オオクワガタの飼育がメインになりますが、私も真吾さんと同様に、国産以外にも、タランドス、アンテを飼育しています。

他にも魅力的なクワガタカブトは多種類、存在しますが、やはり、ニジイロ以外は黒ムシに関心が行ってしまいます。

その他は、ワイルドのアマノコ、スジブト、アマヒラ、ヒラタ、コクワも採集個体を飼育しています。

実は、年明けから東京在住の長女が2歳の孫娘を連れて現在、里帰り出産で帰省中なのですが、この女の子がムシ好きで、ジージ、ムシさん見せて!!!と私の顔を見るたびに言いますので、そのたびにアマノコのワイルド70mmオーバーを見せて楽しんでいます。

次は、いよいよ幼虫を見せて!!!と言われていますので、立ち入り禁止区域のムシ部屋にコッソリ連れて行って、オオクワガタの菌糸ビン交換作業を見せてやろうかな、と思っているところですが…。

女房と長女に見つかるとウルサイ?ので、迷っているところです。

この孫娘は、女房と長女、長女の旦那にソックリで、本当に爺馬鹿で可愛くて可愛くて、見とれてしまうほどの宝物のため、ムシには近づけたくないのですが、私には孫が興味を持ってくれる唯一の対象のため、二人きりの時間を(?)大切にしているところです。

今週は、久しぶりに成虫も含んだオークションを開催する予定ですので、乞うご期待ください!!!

色々チャレンジしてます 投稿者:真吾@明石 投稿日:2021/01/05(Tue) 21:40 No.13285   
ケンケン様
いつもお世話になっております。

ケンケン様といえば川西産オオクワのイメージがありましたが
ニジイロクワガタやっているんですね

私もオオクワは川西産おんりーですが
モセリオウゴンオニとタランドウスをやっています

2令蛹化!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2021/01/03(Sun) 13:59 No.13284   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんにちは。

今日は、速報です。

約2ヶ月前に、菌糸ビン飼育で初めて、約25年前にマット飼育で観察したのと同じような形で、2令で蛹になる幼虫を偶然、見つけました。

初令で菌糸ビンに投入してから、僅か5ヶ月足らずでの羽化でした。

サイズは22ミリ前後のメスです。

前回の個体は、21ミリのメスでした。

この件につきましては、拙著「オオクワガタ飼育のすべて」に記していますので詳細は省略しますが、当時は私が声高に2令で蛹になった事実を伝えても、誰も信じてもらえなかった事は、鮮明に覚えています。

これは、当時、材飼育中心であったオオクワ飼育では発見できなかったことでしたが、私がたまたまマット飼育していた時に偶然、発見した『あり得ない事実!あってはいけない事実!』でした。

その後、エサの無い極限状態での飼育により極小オオクワを羽化させる試みがなされていたようですが、私はそのような事には全く興味は無く、栄養が豊富にある状況ですら、尚且つ、2令蛹化が起こり得る事実と、そのメカニズムです。

今回は、究極の栄養豊富な菌糸ビン飼育下において、このような2令蛹化が、25年以上の歳月を経て、再び我が家で起こった事に、生命の神秘を感じました。

前回は茨城県筑波郡谷和原村(現つくば未来市)、今回は大阪府貝塚市。

場所は異なりますが、普通の飼育環境で、このような奇跡!が我が家で2度も起こった事に、やはり、何かオオクワガタとの縁を感じた次第です。

以上、速報でした。


今年の楽しみ… 投稿者:ケンケン 投稿日:2021/01/02(Sat) 22:21 No.13283   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

皆さんは、オオクワガタ以外、何か飼育されているクワガタはおありでしょうか?

私は、紫紺系のニジイロクワガタを飼育していることをカミングアウト(?)しましたが、その他にも国産のクワガタ数種類を飼育しています。

といっても、偶然、幼虫が採れたのですが...。

そのクワガタとは???

まずは、ミヤマクワガタ。

次にスジブトクワガタとアマミノコギリです。

ミヤマクワガタは我が家の温度帯と異なる種類ですので、これまで、中々、幼虫が採れなかったのですが、友人から一昨年、冬場にブリード個体をもらって、冬でも元気なミヤマクワガタを見ることができた嬉しさの余り、ブリードを決意した次第です。

衣装ケースの中に、友人から譲り受けたミヤマクワガタを数ペアー、マットと共に放置(?)していたのですが、10月頃になって何気に衣装ケースの底を覗くと、初令幼虫を発見して、大喜びした次第です。

アマミノコギリは、これまで何度かブリードした経験はあるのですが、今年はイベントに持参した残りの♀のみ、スジブトと共に中ケースで遅ればせながら10月中旬にセットして放置していたのですが、昨年末、ふと覗くと、何れのケースにも初令幼虫が多数いました。

やはり、奄美大島のクワガタは魅力的ですネ。

勿論、ミヤマクワガタは、ある意味、最もカッコイイ!!!クワガタムシですので、出来る事なら、いつの日か80mmオーバーの極太個体をこの手にしたいと願っている今日この頃です。

また、皆さんのブリード個体を、本掲示板において是非、ご紹介くださいネ。

楽しみにお待ちしています。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -