2231736
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

自己新記録!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/07/30(Thu) 22:40 No.13241   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

今日は嬉しいお知らせです。

最近はホペイばかり成虫を取り上げ、ゴールド系統はお預け状態でしたが、本日、菌糸ビンから取り出した個体が、久々に自己ギネスの86ミリ台後半、かつかつ87ミリの個体でした。

前半戦は84ミリが最大で、体重が乗った個体に限って羽化不全ばかりの数年間でしたので、余計に嬉しいです。

もう、国産ではサイズも形状も満足して、心置き無くホペイに専念していたのですが、人工蛹室を用いずに、このサイズと形状が羽化してくるのであれば、まだまだ、ゴールド系統も捨てたモノではありません。

また、純血川西産のギネス個体の顔を見たいと真剣に思った次第です。

さて、8月羽化?のゴールド系統のオークションを告知したばかりですが、乞うご期待ください!


ゴールド系統のオークション予定!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/07/26(Sun) 23:03 No.13240   

先にアナウンスさせていただいた、ゴールド系統のオークション出品ですが、8月15日前後を予定しています。

また、現在、進化中の日替わりオークションですが、今月末で一旦、終了予定です。

また、ホペイの出品も、今週末で一旦、終了です。

お手頃な価格の個体を出品予定ですので、ご希望の方は是非、ご参加ください。

来月以降、お盆までの開催予定は未定です。

以上、ヨロシクお願い致します。


来月の予定!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/07/26(Sun) 21:14 No.13239   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

連日の雨と、首都圏および私の住む大阪府周辺のコロナ感染者数の増加で、世の中、ホントに閉塞感が充満していますネ。

先日は、そんなコロナ災禍の中、大阪南港でのカラーズ様のイベントに、わざわざ足を運んでいただき、誠に有り難うございました。

電話での出展は早々に伝えていたのですが、実は最後まで迷っていて、正式に参加を決定したのは前日でした。

色々と理由はあったのですが、結果的には中止になったものの、週末にミヤマ採集を控えていて、私がイベントに参加する事によって、私がコロナのキャリアになってミヤマ採集を案内していただく相手の方に迷惑を掛けてはいけない、というのが最大の理由でした。

その上、常連の方々の中には、事前に参加できない旨を聞いていたので、誰も知った方が来られなかったらどうしよう!という不安も頭を横切り、参加までの準備の苦労を考えると躊躇しましたが、結果的には、愛好家の方々と最高のクワガタ談義ができましたので、参加して本当に良かったです。

ただ、やはり全体としては例年通りの賑わいは無く、主催者側にも落胆の表情が隠せず、帰り際には来月の天王寺のホテル内での初の爬虫類コラボは中止だと聞かされました。

私も、準備だけは怠らずに大変な日々でしたが、11月開催も微妙?で、今年もシーズン中にお会いできて改めて良かったと思った次第です。

さて、私はというと、今週半ばに父の納骨で、これが終われば少し気持ちに余裕ができるため、旅行にでも行きたいと思っています。

南の島か、はたまた諦め切れずにミヤマ採集か分かりませんが、父が亡くなった寂しさを少しでも癒して来たいと思っています。

さて、話は変わって本題のオオクワガタですが、現在、日替りオークションも含めてホペイ成虫とゴールド幼虫を中心に開催していますが、今年は遅れ遅れになっていたゴールド成虫がホペイに遅れて8月には少しまとまって羽化して来ると思いますので、お気に入りの個体を皆さんにご披露できるかと思います。

前半戦は結構、大型個体が羽化してきたのですが、84ミリを筆頭に、完品が殆ど無く、画像ではとても皆さんにお披露目できなかったのですが、8月の半ばからはオークション画面でお披露目できるかと思います。

イベント等では、昨年以前に幼虫でお譲りした方々からのお便りや、実際に87ミリの個体を見せに来ていただいたり、我が家以上の結果を出されていて、嬉しい限りですが、私もホペイが中心ながら、負けずにゴールドも究極の美形個体を川西純血にて出したいと思っています。

今後とも、よろしくお願い致します。



真の採集プロとは… 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/07/16(Thu) 13:44 No.13238   

オオクワガタ愛好家の皆さん、こんにちは。

梅雨の鬱陶しい季節が長引くのに加えて、新型コロナの新規感染者数が増えている首都圏と近畿圏の話題を耳にすると、本当に閉塞感が漂いますネ。

私は最近、ユーチューブで採集行きたい病?を紛らわしていますが、昨年とは異なり、今年はオオクワガタを見たものの採集はできず、また、大型ヒラタも昨年は64ミリを筆頭に60ミリオーバーを数頭、採集できたのに、今年は数は多かったものの、60ミリオーバーはゼロでした。

しかし、そんな中、人知れず天然のオオクワガタを採集している方はおられるのですネ。

私は、オオクワガタ採集のプロ!と呼ばれる方は二人、セミプロ!?と呼ばれる方は数人、知っていますが、真のプロ、すなわち採集人は一人だけです。

私は、この方に同行させていただく事で、オオクワガタが潜む御神木、そしてオオクワガタの習性を多々、勉強させていただきました。

私は、木に登らずにオオクワガタを採集できたラッキーを何度か経験していますが、このプロの方が木に登らずにオオクワガタを採集された事は、だったの一度きりです。

樹洞に潜むオオクワガタを採集するには、木に登る以外はあり得ない事です。

私も、基本的に木に登って採集していますが、幸いにして、メスをはじめ、小歯、中歯、そしてラッキーな事に飛んで来て直ぐの大歯を網や棒で採集した事が何度かあります。

メスに至っては手づかみで採集した事も多々あります。

しかし、このプロの方は、冬の材割り採集は一切、されませんでした。

真のプロです。

残念ながら、この方が現在、何をされているか、何処に住んでおられるか、分かりません。

そして、もう一人のプロは、先のプロの方の師匠です。

本当にオオクワガタが棲んでいる御神木、環境を熟知されていました。

晩年は、肺を悪くされて、山にも登れなくなられましたが、全盛期は、この方に今年はこの御神木?にオオクワガタがいる!と言われて、その木を訪れると、必ずオオクワガタが採集できました。

また、別の角度から、オオクワガタの生態を学ばせていただきました。

この二人のプロは、生きておられたら、既に70代半ばになられますが、私より年下?の中でも、素晴らしいオオクワガタの生態に関する知識と採集技術、経験をお持ちの方がおられます。

その中の代表的な方がどんぐり採集倶楽部?の小野さんです。

以前、私の敬愛していた川口商会の川口さんの隠れとりこ!をされていたと聞いた事があります。

そして、小野さんの周りには、現在、オオクワガタ採集に関して最高の知識と経験、技術を有した方がおられるようです。

私は、残念ながら、ゴールド発祥の地、西多田でオオクワガタを採集したのは、いや、できたのは1990年代の半ばまでで、それ以降は関西を離れていたこともあり、また、菌糸ビンの開発以降、外国産オオクワガタが国内に入って来た時期とも重なるため、特に21世紀の採集個体に関しては懐疑的?でしたが、それを踏まえた上で、私の採集時代以降の川西、能勢の採集事情を知る事が、この方のブログを読んで知ることができました。

今年も、大歯4頭、中歯1頭、メス2頭を最盛期の7月上旬に採集されているようですが、かなり信用できる情報のようです。

大歯が多いのが、私の時代のサイズ分布と異なるのが気になりますが、メインの樹洞は大型個体から優先的に占拠されて、小さい個体は穴から放り出されますので、小型個体はどこか人目につかない場所で生き延びているか、人知れず死んでしまっているのかもしれません。

私も、来年こそは、また大歯と自然の中で偶然に出逢いたいと思います。

私には、自由自在に、高所に登る技術はもうありませんので…。

ただ、最近は、素晴らしい脚立が販売されていますので、真の御神木さえ見つけられれば、採集できるかもしれません。

最近の楽しみ… 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/07/13(Mon) 12:10 No.13237   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんにちは。

暫く、ご無沙汰してしまいました。

父の四十九日の法要が終わり、やっと一段落したのですが、法要を挟んで、東京から長女と孫娘が約2週間、帰省し、慌ただしい毎日でした。

この間、またまた東京ではコロナが増加して、長女にずっといてもいいヨ!と言ったのですが、流石に旦那が車で迎えに来ました。(笑)

その後は、色々な疲れがドッと出て、また、梅雨か嵐か分からないお天気で採集にも行けずに、悶々とした日々を過ごしています。

そんな中、ふとしたキッカケで、ユーチューブでクワガタ採集の動画を見つけて、時間があれば見ている毎日です。

楽しいですネ〜〜。

こんな動画があったのですネ。

オオクワガタに関しては、流石にヤラセ!?に近い動画もありましたが、「こんなサイズの個体は天然でいないヨ。放虫したらダメだヨ〜〜。」と冷静な判断をしている若者も少なからずいて、安心しました。

最近は、天然と放虫の違いも分からない採集者が増えているのが残念で仕方がありません。

この点、ミヤマ、ノコギリ、ヒラタ等の採集の動画は本当に見ていて楽しいですネ。

普通のクヌギ等の樹液に集まっている個体、樹皮下に潜んでいる個体を撮影してくれ、また、木を蹴って落ちたミヤマを拾っている光景は、感動して、たまらないです!

自分で採集に行くのに越したことはないのですが、行かなくても、これだけ楽しい動画があるとは、数日前まで知りませんでした。

最近は、採集に行っても、個体をリリースして帰って来る事が多いですが、更に進化して、このような動画を見て楽しむだけでもいいかな?とさえ思えて来ました。

そう言いながらも、今週末、採集に行きませんか?と友人にお誘いをしている、もう一人の自分がいます。(笑)

やはり、採集は楽しいですネ。

今年は、ノコとヒラタとネブトは満足するほど採集できたので、ミヤマを採集に行きたいのですが、何と一時は破壊されてミヤマが消えたポイントで今年、久しぶりにミヤマを1頭、採集できました。

やっと自然が少しずつ戻って来ているので、コロナで移動できなくても、一人、川西の昔のポイントと動画で採集を楽しみたいと思います。

勿論、今年、出逢った若者、今年から初めて一緒に採集に行き始めた友人とは、機会があれば、また、一緒に採集を通じてクワガタ談義を楽しみたいと思います。

また、国産オオクワガタ・ゴールド系統の飼育、中国産オオクワガタ・プラチナ系統の飼育は、友人と一緒に楽しみたいと思います。

今年は、ゴールドは素晴らしいタネ親が揃っているため幼虫中心で、

プラチナは素晴らしい新成虫が羽化してきているので成虫を中心でオークションを開催しますので、是非、お立ち寄りくださいネ。

私は、やはり美しさの中に迫力を有した、そして迫力の中にも可愛らしさを有したオオクワガタが大好きです。

あと、最近では飼育化でほとんど見なくなった中歯のオオクワガタですが、私は川西のポイントを知るまでは中歯しか採集はした事が無かったものの、その中歯の中に既にオオクワガタの魅力が濃縮されている気がします。

オオクワガタの魅力≒中歯の魅力 ですネ。

趣味の世界ですので、色々な価値観、好みがあると思いますが、私が半世紀以上かかって辿り着いた一つの理想的なオオクワガタを皆さんにご提供したいと心から思っています。

今後とも、ヨロシクお願い致します。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -